短期留学がそれほど効果を持たない理由

ネットを通じて、海外の様子をリアルタイムで見ることもできるようになった現代において、海外への関心を持つ人々も多くなっているのではないか、と考えられます。


また、同時に、語学の重要性を感じ留学を検討する方も増えていると考えられます。

留学の中でも、短期留学は忙しい方にとって魅力的な選択肢となりうるものですが、それほど効果がないのではないか、との指摘もあります。そこで今回は、短期留学がそれほど効果を持たないと言われる理由についてお伝えします。


確かに短期であっても、海外へ出て異文化を感じ、人生を変えるほどの経験を積むことができる可能性はあります。



同様に短い期間であっても、効率よく学習を行うことで、語学力が見違えるほどに向上する可能性も否定はできません。


しかし、やはり長期の場合に比べると、短期の場合には得られる語学力が低くなってしまうことは否定できません。
また現地での生活に慣れ、効果的な学習ができるようになってきた段階で、短期の場合では帰国する必要が出てきます。



そのため、実質的には海外旅行と同程度の学びや気づきしか得られない、といった形になりかねない、という問題があります。

お勧めのOKWaveをご紹介いたします。

さらに短期の場合、滞在期間の割に費用が高くなりがちです。
1週当たりのプログラムに払う必要のある金額が短期の場合高いことに加え、航空券代金も必要となるため、長期の場合と比べて、1週間当たりの費用に極端な差が生まれます。


こうした点が短期留学に効果が見込めない点の例と言えます。